診療時間
9:30〜13:30
15:00〜19:00 - -

※祝日のある週は水曜午後も診察

〒812-0858 福岡市博多区月隈2丁目3-11「博多月隈郵便局」傍の歯科医院です。

インプラント

インプラントとは

インプラント治療とは、歯を失った部分に人工歯根を埋め込み歯の機能を回復する治療です。

インプラントを選択する本当の理由

歯を失った時にどんな治療を選択するか。悩まれる方は多いようです。
当院のスタッフ(歯科医療従事者)に同じ質問をすると揃ってすぐに同じ答えが返ってきます。
「インプラントをします。」
それはなぜでしょうか。

歯を失った場合の治療には、
① インプラント
② 入れ歯(取り外しするもの)
③ ブリッジ(固定性の被せもの)
④ 何もしない
といった選択肢があります。

この中で唯一インプラントだけが「プラスの治療」だからです。

「プラスの治療」とは

「プラス」の意味とは

  • 新たな支えが加わる
    ⇒欠損した部位に本来の歯同等の新たな支えを創ることが出来ます。
  • 他の歯へ負担をさせない
    ⇒欠損部分の力の負担を周囲の歯が負担することがありません。
    他の歯を新たに削る必要がありません
  • 他の歯の寿命が延びる
    ⇒周囲のもともと弱い歯も、負担を軽減することでより長く持つようになります。

入れ歯、ブリッジとも欠損部を補うために他の歯に仕事の負担をかけていきます。
ブリッジの場合は両隣の歯をかぶせるために大きく削ります。侵襲を加えたうえに仕事の負担を増やしてしまうのです。これらは大きな「マイナスの治療」といえるでしょう。
負担が大きくかかった歯は、被せものが取れたり、揺れてきたり、根が割れたり、条件が悪ければ抜歯になることも少なくありません。
欠損が増えたところをまたブリッジや入れ歯で補っていくと、だんだんと欠損の範囲が大きくなっていくケースは多いようです。
それに歯止めをかけたい、1本でも多くの歯を残したい。それが「プラスの治療」を選択する理由です。

1歯欠損こそインプラントを選択すべき

もうお分かりかもしれませんが、自分の歯をなるべく多く長持ちさせたいとしたら「初めの1本」を失った時の選択が重要になります。他の歯は健康なわけですからそれらの歯をいかに「欠損へのステージ」へ進めないかがポイントになります。
それはそこにかかる費用・時間に対して十分なメリットがあるはずです。

新たな欠損に限らず、現在ブリッジが入っている部分、入れ歯にしている部分も今からインプラントを行うことで残っている歯を長持ちさせることが可能です。
「今のところ大丈夫」と思われるかもしれませんが、トラブルが起きる前に一度ご相談ください。

当院のインプラント治療の特色

① 信頼の世界的メーカー「アストラテック」を使用

世界3大メーカーの一つ、アストラテックインプラントを使用しています。
長期予後が認められているため、安心して治療を受けて頂けます。

② 全症例CT撮影

全てのケースで必ずCT撮影を行い、3次元的診断を行います。
必要に応じて骨造成後にも撮影を行い安全な手術が行えるようにしております。

③ アバットメント(土台)は全症例カスタムアバットメント(フルオーダー)

インプラントは1本1本歯肉の状態、隣の歯との位置関係などが違います。

土台から個々の状態に合わせて作成することでより、より良い環境を作ることが出来ます。(清掃性、審美性、歯冠形態など)

④ 上部構造(冠)はメタルフリーが標準

臼歯部ではジルコニア冠、前歯部ではセラミック冠を使用します。

金属色の修復を使うことはありません。前歯部ではアバットメント(土台)の材質・色調も審美性を考慮して選択します。

⑤ 第三者機関による10年保証

10年間にわたり、上限額までの再治療、修復などの保証を受けられます。

お引越しされた場合も保証対応可能な医院をご紹介できます。

⑥ ガイドを用いた安全・確実な外科手術(前歯は標準、臼歯はオプション)

コンピューター上で3次元的に埋入位置をシミュレーションし、実際にお口の中でその位置に埋入出来るようにサージカルガイドという装置を作製・使用します。

神経・血管・隣在歯などを損傷しない安全な手術を受けて頂けるとともに、審美性や咬合など、診断通り正確な埋入を行うことでより良い結果を得ることが出来ます。