診療時間
9:30〜13:30
15:00〜19:00 - -

※祝日のある週は水曜午後も診察

〒812-0858 福岡市博多区月隈2丁目3-11「博多月隈郵便局」傍の歯科医院です。

小児歯科

子ども歯科治療の最終目標

それは「大人の歯がはえそろったときに虫歯ゼロ、歯ならび問題なし」です。

乳歯の時期は健康な永久歯を迎え入れる、とても大事な時期です。
抜けるからと言って、乳歯の虫歯をそのままにしておくと、正常でない永久歯が生えてきたり、生えるべき正しい場所とは違うところから永久歯が生えてきたりと、健全な永久歯列は難しいものになってしまいます。
また、歯ならびに関しても、乳歯列のうちから着手した方が良い場合もあります。

早期発見で虫歯を治療し、その後は定期的なメンテナンスを継続し、最終目標の達成を目指しましょう。
私たちもお子さんの成長を一緒に見せていただいております。
一緒に健康なお口づくりを頑張っていきましょう。

当院の治療の特徴

当院では、乳児は保護者の膝上で泣きながらも安心しながら診査を行ったり、4歳ころからはレントゲン撮影にてより精密にしっかりとお口の中を診査したり、10歳ころからは自分で自分の歯を守れるようなハミガキ指導をしたりと、それぞれの年齢のお子さんに合わせた治療を心掛けております。

虫歯は進行性の病気です。放置すればどんどん進行します。
(乳歯の虫歯は永久歯より進行が速く、痛みが出にくいのが特徴です。)
早期発見を心掛け、治療の負担を出来るだけ少なくすることで、笑顔で歯科に通ってくれるお子さんがどんどん増えてきています。

また、当院では完全ラバーダム治療を行っております。
ラバーダム治療は、小児歯科専門医院ではほとんどの医院が取り入れている治療法です。

右側のお写真、青と緑のシートを口に装着している写真が当院のラバーダム治療風景です。

このラバーダム治療には
「細菌・薬剤・治療時の水の飲み込みを防ぐ」
「舌・頬粘膜の保護」
「唾液排除可能なため、より精密な治療が可能」
「治療途中のうがい不要のため、治療時間短縮」
といった利点があります。

大切なお子さんの安心安全な治療、そして質の高い治療を行うには必要不可欠な治療法です。

家族でお口の中を健康に

お子さんは1人では、自分の口の中は管理できません。
仕上げ磨きをしたり、乳児のうちから歯科医院受診・フッ素塗布して虫歯予防をしたり、その後も定期的なメンテナンスでお子さんのお口の中を管理できるのは、保護者の方々です。
保護者の方々のお子さんへの想いや協力がとても大切、と私たちは感じています。

また、虫歯は保護者が使用した箸・スプーンなどで感染しますので、保護者が使用したものはお子さんに使用しないのが原則ですが、保護者の方々のお口の中がキレイに管理されてあれば、より一層虫歯感染のリスクが減りますね。

「虫歯のないお口を作ること」
「大人の歯がそろったときに虫歯ゼロ・歯ならび問題なしであること」
「歯医者は怖くないところと思うこと」
「歯医者は痛くなっていく所ではなく、お口の健康をキープして、一生自分の歯で美味しく食事を楽しむために管理する所と実感すること」

は、私たち大人がお子さんたちに出来るプレゼントではないでしょうか。

これは「虫歯の早期発見」「負担が少なくて痛くない治療」「定期的なメンテナンスの継続」によって叶うことです。
是非、このプレゼントをお子さんへ贈ってあげてくださいね。

そして、ご自身のお口の健康も大事にされてください。
祖父母・親子・ご兄弟と3世代で通っていらっしゃるご家族も多いですよ。
ご家族全員のお口の健康を私たちは願っています。